資金調達の規制

クラウドファンディングがおすすめ

クラウドファンディングがおすすめ 新規にビジネスを開始したり、新しいプロジェクトを立ち上げる際には何かとお金が必要となります。
銀行などから融資を受けるのがこれまでは一般的でしたが、個人事業主から大手企業まであらゆる規模の企業活動において現在主流になりつつあるのが、クラウドファンディングを利用した資金調達です。

これはインターネットを利用してビジネスプランやコンセプト、活動の詳細などを提案し、提案した内容に対して賛同してくれる不特定多数の出資者にお金を出してもらう資金調達方法です。
サービスや商品などを購入してもらう購入型や、成果に応じて出資者にリターンをする投資型、集まった資金は基本的に全額寄付扱いとなる寄付型ものなど様々なパターンがあり、個人レベルでも多くの人が資金調達のために活用しています。

リスクの高いビジネスにも挑戦しやすいですし、報酬やリターンを自由に決定できる点などがクラウドファンディングの大きなメリットとして挙げられます。

会社が資金調達するにはどのような方法があるか

会社が資金調達するにはどのような方法があるか 会社を経営する際には資金調達が必要になるため、どのような方法があるのか知っておきましょう。
まず、融資がありますが、これにはビジネスローンや売掛金担保融資、公的融資など様々なものがあります。
債務なので返済義務があり、経営の負担になる場合があるので計画的に利用すると良いです。
返済が不要な資金調達に株式の発行があり、資金を自由に使えますが、配当金の支払い義務はあります。
また、持ち株数によって経営権に影響があり、買収や合併などの危険性があるのが注意点です。
手持ちの資産を現金化して資金調達することもでき、例えば未回収の売掛金を売却して入金を前倒しできるファクタリング、不動産の売却などがあります。
融資と異なり信用が低くても利用しやすいですが、そもそも手持ちの資産がなければ利用できず、売却額も低めになってしまうことが多いです。
会社の規模や信用・目的などで適している資金調達方法が異なるため、比較して最適なものを選ぶ必要があります。